日本大学 文理学部 物理生命システム科学科

教員の紹介

Home教員の紹介村山 和郎

村山 和郎

murayama-index



この研究室では、ダイヤモンドを含むシリコン系半導体と有機半導体の電子物性の研究を行っています。パソコン、太陽電池、携帯電話、液晶テレビ等、生活必需品で重要な役割を担う電子デバイス材料はほとんどがシリコン(ケイ素)半導体です。生命分子の信号を電気信号として受信する場合、生命分子とシリコン半導体の結合は欠かせない研究課題です。私の研究室では、このシリコン半導体と次世代半導体材料として期待されるダイヤモンドと有機半導体の電子物性の研究を行っています。



研究内容

1.乱れた構造をもったシリコン半導体(アモルファス水素化シリコン)の研究

アモルファス水素化シリコンの電子の流れは乱れた構造をフラクタルを用いてモデル化し、そこを電子が移動するとして理解できることを示すことができた。
 

2.ナノ構造シリコンの研究

アモルファス水素化シリコンの発光は水素を含まないナノシリコン領域で発光するとして理解できることを示すことができた。
 

3.ダイヤモンドの電子正孔液滴およびプラズマ状態の研究

 

4.CVDダイヤモンド薄膜半導体の光伝導の研究

 

5.有機半導体のアモルファス性の研究