日本大学 文理学部 物理生命システム科学科

教員の紹介

Home教員の紹介間瀬 啓介

間瀬 啓介

mase-index



間瀬研究室ではカイコ蛾を使った遺伝研究をしています。古くから白色の繭を作る系統以外に緑色の繭を作る系統もあり、その交配後代では複雑に分離します。現在、その原因色素であるフラボノイド分子の透過・排出に関する遺伝子の単離・同定を行っています。講義は総合科目を中心に担当しており、学科専門科目にはほとんど関与していませんが、生物学を通して学生さんの疑問や相談に応えるよう努めています。
 
 

研究内容

シルクを作り出す昆虫としてなじみ深いカイコガ(Bombyx mori L.)は、かつて我が国の経済を支えてきました。この虫は近縁野生種であるクワコ(Bombyx mandarina Moore)との共通祖先から家畜化された有用昆虫であり、5000年も前から中国で利用され、2世紀頃我が国に伝わったとされています。今日、私たちがよく知るカイコの繭は、白色の俵型あるいは楕円型をしています。これは人によって家畜化され、さらに好ましい特性を有するように改良されてきた結果なのです。しかしながら、これら遺伝子変異の結果の原因はほとんど解明されていません。
 

sawada-menu01 nakazato-menu02