日本大学 文理学部 物理生命システム科学科

学科の紹介

Home学科の紹介何を学ぶの?エネルギー

エネルギー

人類の未来を切り拓く

エネルギー問題は人類の未来のための重要課題となっています。本学科では以下のアプローチで問題解決に貢献しようとしています。


光合成

光合成

二酸化炭素と水から太陽光エネルギーを使ってデンプンを作る植物の光合成は、葉緑体の中で行われる複雑な反応であり、多種多様なタンパク質がお互いに連携しながら行われています。私たちの研究室では葉緑体のチラコイド膜に存在し、光エネルギーを使う複数のタンパク質がお互いにどのような相互作用をして連携しているのかを調べています。
また、それらのタンパク質を人工的な膜に組み込む方法を開発して、人工的な光合成を実現しようとしています。

(中里 勝芳 教授)


太陽電池

太陽電池

シリコン(ケイ素)半導体はパソコンや太陽電池などのハイテク機器の電子デバイス材料です。私の研究室では、このシリコン半導体やその親戚のダイヤモンド中の電子の運動を実験とシミュレーションによって研究しています。不規則構造なのに規則をもつフラクタル構造を利用してアモルファスシリコンの研究もしています。生命分子をダイヤモンドやシリコンに接合させた高性能バイオセンサーの開発も期待されます。

(村山 和郎 教授)


燃料電池

燃料電池

石油や原子力を用いる発電は現在大きな曲がり角に到達しています。人類の将来のためにはクリーンで効率の高いエネルギー源を開発する必要に迫られています。私たちの研究室ではクリーンなエネルギー源として実用が始まっている固体酸化物型燃料電池の材料を研究しています。写真に示す電子顕微鏡やX線回折装置など最先端の材料分析装置を用いながら、有望な材料を探索し、従来にはない優れた変換効率を持つ電池の開発を目指しています。

(橋本 拓也 教授)