日本大学 文理学部 物理生命システム科学科

学科の紹介

Home学科の紹介何を学ぶの?

何を学ぶの?

今、先端技術の中心は、従来の半導体工学からバイオサイエンス、ナノサイエンスへと大きく移りつつあります。物理生命システム科学科の研究のキーワードは、この時代の要請に応えた「生命」、「エネルギー」、「物質」の3つです。物理的な発想 -自然現象をミクロなレベルまで掘り下げて考える- を基礎にしながら3分野を融合した21世紀のキーテクノロジーを研究しています。

「生命」「エネルギー」「物理」の融合

物理生命システム
「生命」「エネルギー」「物理」の融合

学科の特色

教育研究上の目的

物理学、化学、生物学の自然科学の広い分野の教育を通して、現代の科学技術の中心である生命科学、エネルギー科学、物質科学を融合した新しい科学技術および産業の発展に貢献できる科学技術者や、次世代の教育に貢献できる理科の教員を育成します。

教育理念・目標

自然科学の基礎教育を充実し、理科全般についての幅広い素養を身につけることにより、生命科学、エネルギー科学、物質科学およびそれらを融合した分野に対応できる能力を養成します。

1年次では物理学、生物学、化学および数学の基礎を学ぶ。2年次では1年次に引き続き自然科学の基礎的な知識、計算力を修得します。3年次では生命科学、エネルギー科学、物質科学の専門分野およびそれらの融合分野の基礎を学ぶことにより、技術力、思考力を養います。4年次では各教員の研究室に所属して専門分野の学習、研究を行うことにより、先端科学技術の発展に対応できる専門能力を養成します。

アドミッション・ポリシー

文理学部のアドミッション・ポリシーのもと、現代の先端科学技術・生命科学の発展に対処できる境界・融合領域の知識・学力を習得し、未来の科学技術及び産業界の発展に貢献しようという学生を迎え入れます。